20代と30代の人材では転職の成功しやすさ、企業が求める事、これからのビジョンなど様々な面で相違が出てきます。求人情報には年齢制限がありませんが、裏情報では「この求人は概ね20代で次期リーダー候補の人を」といった事がわかるものです。

しかし30代だからといって転職が難しいとは限りません。結局その個人個人がこれまで積み上げてきた経験と実績がモノを言うからです。30代ならそれ相応の経験を保有して然るべきであり、それが無いようであれば難しくなる、という話です。

20代と30代では市場価値が違う

20代までは中途採用の求人は種類も数も多いのですが、35歳を境に極端に減るのもシビアな現実です。1度も転職したことのない人であれば、30代前半までに10年前後のキャリアを積んでいます。中にはリーダーやマネジャー、課長になっている人もいることでしょう。

こうした実務経験やマネジメント能力は転職先で即戦力になります。基本的なビジネスマナーも身に付いており、異業種であっても社会人としてのベースがあるので、企業側は教育にかかる時間を節約できます。

20代では、まだ健康で体力に余裕がある人が多いことも転職に有利な理由として挙げられます。

30代に求められる事

30代になって市場価値の上がる人がいます。専門知識やスキル、客観的に評価できる実績に加え、チームやプロジェクトを束ねる経験のある人は、管理職としても即戦力になるからです。そのため、トラブルにも冷静沈着に対応でき、新しい職場で部下の育成をしてくれる人格や能力のある人は、30代であるからこそ歓迎されます。

もし20代でもこのような経歴があれば当然相応の人材として給与と待遇で迎えられるでしょう。特にIT系の若い会社で経験を積んだ人材は20代でも部長職などが珍しくありませんからね。

未経験職種への転職は20代でこそすませておこう

未経験分野で仕事を始めるということは0からのスタートを意味します。企業からするとあなたは新卒社員と同じで、最初の数年は戦力として活躍することを望めません。日本では年齢によってある程度給与を決めている会社が多いため、企業側からすれば10年以上勤めていた人と同じ給与を未経験者には払いたくないですよね。

また、年齢が上がるにしたがって対人関係への柔軟性も失われていく傾向にあります。新人には謙虚さが必要ですが、30代になってくると素直にアドバイスを受け入れることができず、意固地になり、周りと仲良くやっていけない人が多くなことも。

そのため、未経験分野への転職は20代までが有利と考えられています。一般的には未経験へ行くのであれば「どれだけの期間で稼げる人になってくれるのか」を示す必要がありますが、20代ならポテンシャル採用や採用してから育てる企業も見られます。

30代に向けて人生設計も考えて

30代での転職活動はリスクが伴います。今後の人生設計には家族への影響も考えましょう。

20代であればまだ人生設計を考えずとも勢いだけで転職が可能とも言えなくはありませんが、それでも無計画な人は見透かされるでしょうし、ウチに来て「やっぱ辞めた」ですぐ転職されてはかないませんので人生設計は30代前半になることには大事だという事を認識しておいて下さい。