IT系の転職に関して2つの興味深い共通点があります。それは「やり甲斐を求めて転職する」人がわりと多いという事です。20代ではこの傾向が特に多いです。また30代になってくると「今の激務の会社よりも長く働ける会社」を探して転職活動をされる方が多いですね。

転職理由は人それぞれですしたった1つの理由で転職を決めるわけではありません。様々な状況を鑑みていよいよ転職を検討するようになります。

将来のビジョンがあると強い

IT系の転職はスピードが早い業界ですので自分自身の今後のキャリアプラン(ビジョン)を定められている方のほうが強いですし、転職も決まりやすいです。

IT系でよくあるロードマップとしてPG→SE→リーダー→管理職の流れがあります。また研究、開発、技術を突き詰める系へといった流れです。私のように技術が好きではない人はPLからPMへの道を目指したいと思うでしょうし、あまりコミュニケーションが得意ではないし技術が好きだという方はその道のプロフェッショナルを目指す事になります。

WEB系もそうです。WEBの業界は一般的なシステム開発のSE業界よりもスピーディに進んでいきますし、よりユーザー(マス向け)のサービス展開が多いため自分自身の研鑽も必要になってくる業界です。

私もSEで激務を経験し、給料も増えないために転職を決断する方も多いのではないでしょうか。さて、この業界で必要とされる人物ですが、全ては求人票に書いてある人物像を見たほうが早いです。といっては元も子もないので大きく次の点を抑えておきたいですね。

◯身体が頑丈なこと
◯リーダー経験者
◯技術者

このような分類になります。論理的思考とかそういう当たり前なのは除いて。技術に関しては求人票に書いてあります。JAVAやRubyやらPHPやら特定の言語を必要としている企業がそのように募集をかけるので自分に合った求人とマッチするだけです。

身体が頑丈なこと
これは求人票には書いていませんが人事部門ではこの点を結構見てますよ。「病気したことありますか」「激務の時はどのように対応しましたか」上手に対応してください。

元SEの立場からSEの方へのオススメですが、やはり大手企業やその子会社システム会社への転職はおすすめです。業務時間が定時であがれる傾向があると思います。またそのような企業は親会社や官公庁から仕事を引っ張ってきてる関係で、仕事が途切れない(会社が安定)しているのです。もし身体を壊したりうつ病になったとか、長く働きたい希望をお持ちであれば、やりたい仕事は別にしてそういう会社を探すのをおすすめしたいかな。

 

はじめて転職を考えだした方のために

多くのit企業勤務の方々の中には、20代では転職経験がないという方が多くいらっしゃいます。

昨今の経済状況から、「このまま今の会社に勤務していても大丈夫なのか?転職を視野に入れた方が良いのか?」と転職を考える方が増えているのも、20代の方が圧倒的に多くなっています。

ですが、必ずしも成功するわけではなく、上手くいく方もいれば、失敗される方もいます。成功する方と失敗する方との間にはどこに差が出てくるのでしょうか。

自分の市場価値を知らなさ過ぎる

年齢によって求人企業からの評価は変わります。特に20代と30代とでは、ハードルの高さや企業が求めることも違います。特に35歳以上になるとさらにハードルが上がると言われています。

it関連の転職では特にその傾向が強くなっています。

よほど技術が人より優れているか、よほどこれまでにすごい実績があるという方でないと、30代の転職でのハードルが非常に高くなるというのが今の日本の現実でもあります。

20代と30代とで同じスキルやレベルであれば、長く勤められて、先の伸びを期待出来る20代の方が有利になります。

会社での社内評価と社外評価は必ずしも一致しない

30代まで転職をしなかった方は井の中の蛙状態で、社内評価しか受けたことがないの方がほとんどで、実際に社会全体の中で自分がどれくらいのレベルとスキルがあるのかを知るチャンスが皆無といっても過言ではありません。

失敗してしまう方のほとんどは、中途採用でitエンジニアを募集している会社が求めているスキルのレベルに達していないにも関わらず、これまでの社内評価を鵜呑みにして現実の自分のレベルを把握せずに応募してしまうところに原因があるようです。

失敗しないためにも、まず、自分のスキルとレベルの見直しが必要になります。

自分のスキルを知ることでアピールポイントを見出せたり、自分に合った会社を選択することが可能になります。自分のレベルを知るには転職エージェントに登録してみるのも有効な方法の1つと言えます。転職エージェントでは、プロの目からみた現在のあなたのスキルやレベルをしっかり評価してくれるからです。