収入などの条件だけで選んで入社できたとしても、自分が活かせない、正当に評価されないなど、こんなはずでは無かったと後悔していまうことも少なくありません。

後悔しない転職のために何が必要でしょうか。

まず、自分が転職市場においてどれくらいの市場価値があるかを知ることが大切です。自分の価値を知ることで自分に適した、自分を活かせる会社を選ぶことが出来るからです。これで条件も合えば申し分ありません。

自分の市場価値を知る方法

転職エージェントに登録すると、プロの目からみて、現在のスキル・キャリア・実績など、あらゆる角度から見たうえで評価を出してくれます。

適している会社・年収もわかるので、自分の市場価値を知るには有効な方法の1つといえます。

MIDAS(ミーダス)というサイトが興味深い

サービス自体は新しいですが、運営しているのは求人情報サービスの「an」や転職サービス「DODA」を手がけている会社です。

200万人の年収データ、7万人の転職実績データからあなたの市場価値を見出すというサービスです。これなら気負わず、手軽にチャレンジできそうですね。

自分の市場価値がわかったうえで30代の中途採用者に企業が求めているものを知ることが必要になります。

企業が求めているものを知ることこそ転職成功の鍵に

20代前半なら若さと熱意だけで採用される事もあります。し20代後半では見られない「学歴」や「専攻」「資格」で選別される事もまだあります。

20代後半になると即戦力性(専門知識・実績・スキル・キャリアなど)がもっとも求められるようになってきます。マネジメント経験があると将来の幹部候補として企業にみてもらいやすくなるというメリットがあります。

これらがない場合は、転職エージェントで自分のスキル・キャリアに合わせたサポートを受けつつ、じっくり取り組む覚悟が必要になります。

自分の現時点でのスキルで満足することなく、少しでもスキルアップを出来るように求職中も努力は必要になってきます。

自分を知り、自分の市場価値を知った上で高望みをしないで自分に見合った企業を探すことが大切です。

後悔のない転職成功を目指すには重要なポイントになるといえます。